Top > 金融庁によるFX 自動売買

金融庁によるFX 自動売買

第1部のはじめに『フォレツクス~青春のモニュメント~』について私か外国為替について最初に「文字にした」作品が、ここに紹介する為替小説『フォレックス≒ディーラー物語~青春のモニュメント~』です。
 
急騰・急落パンパない! しかも、どっちへ動くかわからない。普段はトレードを避ける経済指標ですが、この「どか~ん」と動くチャートを見て本当に驚き、逆に「この大相場に参加したい。
 
「仮需」とは、利ザヤを得る目的で通貨金融庁によるFX 自動売買交換を行う需要を指します。Fχ取引は、これに当たります。意外に思う人もいるかもしれませんが、銀行やヘッジファンドといった機関投資家
 
損切りの注文を出さすにポジションを持っていたりすると、相場の乱高下で大損をしてしまう可能性もあります。朝起きて相場を見ると、顔が真っ青という事態は避けたいものです。

関連エントリー